不動産マメ知識

ホーム > お知らせ・イベント情報・施工事例紹介 > 不動産マメ知識

夢のマイホームを建てよう! その1(相談編1)

不動産なんでもネタ 注文住宅

, , , , , , , , , , ,


皆様こんにちは。

宅地建物取引士の安田です。

マイホームを持ちたい!

そうは言っても、

戸建?マンション?新築?中古?

建売?注文住宅?

いくら掛かるの?住宅ローンってどうやって組むの?

 

考えると沢山の疑問点不安点が出てきますね。

 

そこで今回から

 

『夢のマイホームを建てよう!』

と題して、

一生に一度の大きな買い物と言われている

夢のマイホーム取得までの

気になるプロセスを

不動産屋建築屋として様々な角度から

複数回に分けてアップして行きます!

 

シリーズ第一回目は(相談編1)です。

それでは早速スタート!

 

『マイホームが欲しい!』

理由は様々かと思います。

結婚した。子供が産まれた。賃貸だと家賃がもったいない。ペットを飼いたい。将来の資産として。

それぞれ欲しいと思う理由はありますが、

 

私の実体験やお客様のお話しから

良いお家を建てる、あるいは買う為に私が思う、

一番重要な事は、、、、、

 

プロ相談する!』です!

今の世の中、気になる事はパソコン・スマホで簡単に

検索できますが、

不動産や建築には幅広い知識情報が必要です。

 

 

そして、ネットの情報にはウソ適当な事も沢山書かれています。

分からない事を調べる為にネットを見ても適当な情報が溢れていたら、

結局何が正しいのか自分で判断しなくてはいけません。

 

そこで、プロ相談するのが一番の近道です!

 

不動産屋に対して良いイメージがあまり無い!

 

残念ながらそう言う方も多いかも知れません。

ですが不動産業には宅地建物取引業法

通称『宅建業法』と言う法律があります。

宅建業法は不動産屋が取引に際して

一般の人を騙したり、悪い事をしないように規制する為の法律です。

この法律に違反すると

業者は厳しい罰則を受ける事になります。

 

ですので安心して相談して下さい。

 

ですが不動産屋も専門分野があります。

・賃貸専門

・売買専門

・仲介専門

等々。

幅広い知識を有する不動産と建築の世界

 

そこで当社センチュリー21土屋商事(株)について簡単にご紹介します。

 

当社は賃貸仲介・売買仲介・不動産の買い取り等を地元横須賀で約20年行っています。

その経験の中で本当お客様に喜んでもらえる事をしようと

代表の土屋が想い、考え、

 

昨年9月より横須賀市大矢部に店舗移転を行い、

店舗前にモデルハウスを建てました。

今では沢山の方にご来場を頂き、夢のマイホーム造りのお手伝いをさせて頂いております。

 

お客様からは実際にモデルハウスを見ながら打ち合わせが出来、

イメージが湧きやすい』等、好評を頂いております。

 

 

当社は沢山のお客様に夢のマイホームを建ててもらいたい!

その想いを持ち、やっております。

ぜひ不動産・建築の『プロ相談』して下さい。

横須賀市、三浦市 ローコスト住宅 平家住宅 リフォーム

当社は横須賀市大矢部5-12-1に店舗とモデルハウスがあります。

相談の際はお気軽にご来店下さい。

なお046-874-8484に事前にご連絡頂くとスムーズです。

 

これで第一回目は終了です。

次回からは実際に具体的な相談内容に入って行く予定ですのでお楽しみに!

 

→最新物件情報はこちらをクリック←

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


不動産業のはてな?【不動産広告編】

不動産なんでもネタ

,


こんにちは!安田です!

皆様、不動産屋をご利用されたことは

ありますでしょうか?

アパートの賃貸や戸建て・マンションの売買、

ほかにもリフォームや改修など、

ひとえに不動産と言っても

様々な分野がございます。

そこで今後コーナーとして

不動産業のはてな?について

解説していきたいとおもいます。


まずは【賃貸物件】を借りるときや

【建売物件】【中古物件】

【マンション】を購入予定の際に

皆さんが必ず目にする

【不動産広告】についての

《はてな?》を解説していきます。


今回は広告でよく見る

『○○駅徒歩○○分』の表記ですが、

基準をご存知でしょうか?


「誰が決めたの?誰かが歩いたの?

実際に歩いたら本当に時間通りなの?」


と疑問に思ったことは無いでしょうか?

今ではインターネットサイトで

マップを検索すると簡単に時間が出てきますが、

 

不動産業界では消費者を保護するという観点から

「不動産の表示に関する公正競争規約(表示規約)」により、

徒歩1分が80mに相当するものとして

計算するという法律があります


(不動産の表示に関する公正競争規約規約第15条第11号)。

 

1.直線距離ではなく、道路に沿って

測定した距離(道路距離)をもとにする。

2.道路距離80mを徒歩1分に換算する。

3.80m未満の端数が出たときは、

切り上げて1分とする。

例えば、道路距離が100mならば、

徒歩所要時間は「2分」となる。

4.駅からすぐに物件があるときでも、

「駅から徒歩0分」ではなく、

「駅から徒歩1分」と表示しなければならない。

5.車両通行量が多い道路や鉄道などを越えるために、

横断歩道・歩道橋・踏切りを経由しなければならないときは、

それを経由するために余分に歩く距離を含める必要がある。

6.横断歩道や踏切り等を横断するとき、

信号待ちの時間は考慮しなくてよい。

7.坂道があるために実際に歩く時間が長くなるときでも、

やはり道路距離80mを徒歩1分に換算してよい。

では1分が80mって、どうやって決めたの?

この基準は、実際に健康な成人女性が

ハイヒールを履いて歩いた平均の分数を

計測して決められました。

この時の平均分速が80.3mだったことから

【徒歩1分=80m】という

基準ができたと言われています。

「歩くのが遅い僕は、私はどうなの?」

と言う方は是非私に聞いて下さい!

現地を可能な限りお客様の立場になり歩いてみます!

いかがだったでしょうか?

これで物件広告を見る目が

ほんの少し変わったのではないでしょうか?

この様に不動産広告には

様々な法律により規制がされております。

全ては消費者の皆様の保護の為。

この他にもこの広告の意味は何?

という《はてな?》がございましたら、

営業担当の安田までお問合せください。

 

次号は【面積表記】について!を予定しております。

 

お問合せや不動産のご相談は

営業担当 安田までお気軽にどうぞ!

f.yasuda@century21-0468.jp

 


お問い合わせ・資料請求


お問い合わせ・資料請求はこちら