住宅

ホーム > お知らせ・イベント情報・施工事例紹介 > 住宅

横須賀市長浦で地鎮祭を行いました。

注文住宅

, , , , , , , , ,


当社で手掛けたガレージハウスが

完成をし、そのお隣でもう一軒注文住宅を

建てることになりました!

 

先日そこに家を建てるご家族と

地鎮祭を行いました!

 

暑かったですが天気もとてもよく

地鎮祭日和でした!

 

 

そもそも地鎮祭をやる意味としては、

工事を行う前にその土地の

神を祭り、工事の無事を祈ったり

土地の繁栄を祈ります。

 

地鎮祭自体は諸説ありますが、

紀元前数百年前からあるとされています。

日本独特の文化なのでしょう。

地鎮祭を経験できるのは

かなり珍しいことだと思います!

 

【当社がなぜここまで地鎮祭に

こだわるのか...】

 

そもそも、

家を建てる方ほぼ全員が

初めてのマイホーム作りです。

しかも、一生で最大と

言われるほどの買い物

しようとしています。

ジュースを自動販売機で買うのとは

わけが違います。

不安が出てきて当たり前

だと思っています。

...だから安心してくださいと

言っても不安なものは不安ですよね。

 

私共はそのお客様の

心の曇りを少しでも取り除こうと

最善を尽くしています。

その中で、できることはやろう

という考えで地鎮祭のご提案

させていただいております。

 

建築はモノづくりであり、

サービス業なのかもしれません…。

 

 

家ができたらそこに長く住みますし

願掛けではないですが、

やらないよりはやった方が

と思いますので地鎮祭は

オススメしています。

 

当社で家をご注文の際は

是非ご検討してみて下さい!!

 

 

 

住宅を建てる際に大事なのが見て触ることです!

→当社モデルハウス←で体感してください!

 

これが大人の秘密基地...!

ガレージハウスのご注文も承っております。

→ガレージハウス詳細←

 

ホームページでは、物件検索や

お客様の声、施工事例なども見れます!

→ホームページはコチラ←

ガレージハウスにzが入りました

ガレージのある家

, , , , , , , , , ,


先日8月4日(日)にガレージハウスの

お引渡し、撮影をしました。

 

→ガレージハウス施工事例←

 

オフショットではないですが、

手すきの時間に少し撮りましたので

その写真を公開いたします!

 

お施主様に無理言って

愛車のzを2台入れて写真を撮らせてください!

とお願いをしたところ

快くOKをいただきパシャリ。

 

 

 

 

 

ガレージにzが2台並ぶとかっこいいですね~

 

二階には生活空間があります。

 

ガレージハウスをご検討中という方が

いらっしゃいましたら是非

土屋商事へお越しくださいませ。

→ガレージハウス詳細←

 

当社にはガレージ付きのモデルハウスを

店舗に併設しております。

お気軽にお越しくださいませ!

→モデルハウス詳細←

長押(なげし)が付きました。

ガレージのある家

, , ,


長押をガレージに付けました!

 

 

レコードやCD等を置けて見栄えも

かなり変わりました!

 

でも長押って本来どういう使い方を

していたのでしょうか。

気になったので

検索をしてみました。

 

長押とは

「柱同士の上部などを水平方向につなぎ、構造を補強するために、柱の外側から打ち付けられるもの。古代の寺院建築では部材も厚く、本来の構造的な意味合いが強かったため、上級層の住宅にのみ用いられていたが、中世になると庶民住宅でも使用されるようになった。中世以降は、大径材の不足により断面が変化して次第に部材が薄くなったため、構造的な意義は乏しくなり、もっぱら装飾的な部材になった。」

「現在ではハンガーやフックを手軽に吊るせるように室内に取り付けられた横木になってしまっているが、本来は物を掛けるための部材ではない。」

(Wikipediaより)

 

本来、私たちが知っているような

使い方はされていなかったみたいですね。

それどころか、歴史が長く

上級層の住宅にしか使われないほど

格式の高いものだったことが

伺えます。

 

その時代に生きている人や

文明が本来の使い方や意味を

変えてしまうこともあるということですね。

 

例えば、携帯電話も同じですね、

一昔前までは、ただの「連絡手段

だったのが、スマホの普及により

定義が変わってしまいました。

今では携帯一つで連絡もでき、

ゲームもでき、ビジネスができ、

知らない人とつながることもできる。

 

時代に合わせて、常識や考えや倫理までも

変化しているということです。

つまり、時代に合わせて自らの

考えや常識と言われていることも

進化成長、変化していかなければ、

いわゆる「古い人間」になってしまう

ということです。

 

本日はなぜか哲学的に語りました。

この暑さで頭が沸いたのでしょう。

長くなりましたがこれにて失礼します。

 

→モデルハウス詳細←

 

→土屋商事ホームページ←

 


ガレージハウスの様子⑤

ガレージのある家 未分類

, , ,


約3ヶ月ちょっと前に

このガレージハウスに密着しようと

決めてから遂に完成までの

月日が経ちました。

 

上棟の朝は基礎しかない状態でした。

 

一日で骨組みと屋根まで出来上がり、

竣工するまであっという間に感じました。

 

もうほとんど完成をしたので

本日は、中身を少しだけお見せいたします。

 

階段

 

キッチン

 

トイレ壁

 

洋室

 

一階Bar

 

ガレージ奥

 

全貌は後日に施工事例として

お見せしようと思います。

少々お待ちください。

 

→ガレージハウス詳細←

 

→HPはコチラ←

 

 


ガレージハウスの様子④

ガレージのある家

, , , , , , , , ,


現在施工中のガレージハウスの

様子を随時更新しております。(勝手に)

 

こちらのガレージハウス

日に日に完成に近づいているのを

現場に行くたびに感じます。

 

ちなみに上棟後すぐの時は

当然ですが梁もむき出しでした。

 

今回はガレージ部分のクロス

を張りましたので、

写真を撮りました。

 

お施主様の愛車が

日産のフェアレディzということもあり

日産の象徴トリコロールを入れたい。

ということでトリコロールの壁を

選ばれました。

梁がむき出しの時とは

だいぶ変化していますよね。

現場に行くと感動するぐらい

変化しています。

 

そして奥にはBarを設置する

ということでBarに合う壁を

選ばれました。

注文住宅のいいところは、

自分でクロスやフローリングを選べる

というところです。

 

ガレージの大きい入り口にも

オーバースライダーが付きました。

いや~かっこいいですね~

(うちにも付けたい…)

 

2階も少し触れますと、

梁をあえて向きだしにし

天井を吹き抜けさせることで

空間が広くなります。

梁にも色を塗ると

部屋の雰囲気を変えてくれます。

 

壁や梁の色、シャッターの仕様等

全てお施主様と話し合いながら

選んでいます。

これが注文住宅のいいところです。

引っ越そうと考えている方

家をたてようか迷っている方

是非当社にご相談くださいませ。

→お問い合わせ←

 

→ガレージハウスについて←
→土屋商事について←

お問い合わせ・資料請求


お問い合わせ・資料請求はこちら