お問い合わせ・資料請求

はじめまして

ホーム > お知らせ・イベント情報・施工事例紹介 > はじめまして

土屋商事㈱、安田の新築物件情報!

はじめまして 建売住宅 建築あれこれ 新築の施工事例

, , , , , ,


土屋商事㈱、安田の新築物件情報!

アウトドア好きの方にはたまらない物件!

東浦賀Z邸 3LDK 
価格は最後までのお楽しみです!

おすすめポイントその1!

『パティオ』です!

んっ…?『パティオ』…?
なんだ?
食べ物か?
頭に?が浮かんだそこのお客様!

『パティオ』は食べ物でも料理をつくるパティシエでもありません!(笑)

スペイン語で[中庭][裏庭]を意味する言葉です!
私もこの物件で初めて聞きましたが、とてもおしゃれな響きですね!

では早速、本物件の『パティオ』の魅力にふれて行きましょう!

*何と言ってもこれからの時期に最適なのはお子様のビニールプールの設置!

戸建てを購入するお客様のなかで理想として多いのは庭先でプール!
しかしこれが意外と大変なんです!

まずは準備!
・毎回、空気を入れて外に出し、お水を入れて水温が上がるまで待つ…
・お子様が遊んでいるうちは親も炎天下の中外で見守る!暑い…
・ご近所の方の熱い視線…
・遊び終わった後のお子様の身体を拭く場所!水着を脱がす場所…
・片付け!プールの水を抜いて空気も抜いて、
親は気を抜く暇ありません!

そんな私も昨年子供用にプールを買いましたが、2、3回使って面倒になり終わってしまいました。

しかし『パティオ』があると180度変わります!

毎回空気を入れたり、抜いたりする必要がなくなります!そのまま『パティオ』に出しておけます!

お子様が遊んでいる時は冷房の効いた涼しいお部屋でお茶を飲みながら楽しく遊ぶお子様を見守れます!

外でそのまま拭いて着替えも出来ちゃいます!
これなら夏の間に何回でも遊べますね!

次の使い方は

*BBQ!
これも庭付マイホームの夢ではないでしょうか?
バーベキューと無縁だった人が家を購入してからバーベキューにハマるなんて言うのはよくある話なんです!

そんな時に『パティオ』の利点は
・周りの視線を気にしなくていい!
・部屋と直結なので外で調理して室内で食べることが容易にできる!
・用具の後片付けもその場でできる!

この様な使い方が出来ますが、あとは実際に購入した方のアイデア次第で色々な事につかえる便利な場所です!

お待たせしました、ここで価格発表!
当社施工のこだわり満載の建売は2,680万円(税込)です!
さらに当社が売主なので仲介手数料、約800,000円がかかりません!

100聞は1見にしかず!
是非直接見て触れて、購入後、自分たちが生活するイメージをして頂きたいと思います!

そこで7月7日・8日11時~17時で現地案内会を開催させて頂きますのでご興味のある方は是非足を運んでください!
私、安田がお待ちしております。

※物件詳細は添付の案内資料をご参照ください!
また不明点は当社にお電話頂くか、このページへのコメントやf.yasuda@century21-0468.jpまでメールを下さい!

最後までお読み頂きありがとうございます!
引き続き物件の魅力をお伝えさせて頂きますので楽しみにしていてください!


はじめまして!

はじめまして

, , , , , , ,


センチュリー21 土屋商事㈱代表取締役 土屋良尚です。

当社は平成11年より不動産業を営んできましたが

平成28年9月より建設業の許可も取得し建売だけでなく

注文住宅も請負えるようになりました。

私は不動産業を始める前は小売業(酒屋)を営んでおりましたが、

不動産業をどこかで学んだ訳でもなく

年齢も若かった為勢いだけで業種転換し不動産屋へ!

不動産業を始めて直ぐに気が付いたことが

「不動産屋の営業は建物がよくわからなくても営業が出来る?」

小売業をしていた時、商品を売るにはその商品を勉強しなければ

説明すら出来なかったのに、

その建物がどう出来たのかを知らないまま販売していいのか?

と疑問に思ったのが始まりで、一念発起し夜間大学の建築学部へ入学!

昼間は不動産屋の社長。夜は学校に通い深夜に宿題という生活が

3年目の半ばに来た時に倒れて入院。

最後まで学校に通いきれなかったのは残念でしたが、

建築の面白さはここで十分学ばせていただきました。

そして十数年間、自分が欲しいと思うような自社の建売や、

お客様が注文住宅を建てる時の資金計画やローンの斡旋と

お客様の住宅購入に携わってきました。

しかしながら近年、時代の変化に伴い住宅建築を任せられる業者がなくなり、

現在の当社建築部部長の浅葉と「自分たちが欲しいと思う建物を建てよう!」

と建設業の許可を取得しました。

私たちは30年くらいで壊してしまうような建物ではなく、

50年以上使える建物を建てていきたいと思っています。

私の趣味はヒストリックカーに乗ることで、これで現場にも行きます。

50年以上たった車が普通に使えていることがすごいと思っています。

建築の事や日々の出来事などいろいろ書いていくつもりです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 


お問い合わせ・資料請求


お問い合わせ・資料請求はこちら