建築あれこれ

ホーム > お知らせ・イベント情報・施工事例紹介 > ちょっとした豆知識 > 建築あれこれ

玄関の収納に困っている方必見のシューズクローク

建築あれこれ

, , , , ,


玄関がいつも散らかっていて

何とかならないかなーって

何年言ってきたでしょうか。

 

昔の靴をいつか使うんじゃないかと

とっておいてしまったり、

新しい靴がでるとどんどん買ってしまう。

 

子供が増え、自分のだけでなく子供達の靴や

ベビーカー、自転車、傘等

どんどん物が増え、

その結果どんどん玄関が散乱していき、

いつか片付けると言い今日に至るという方も

少なくないのではないでしょうか。

 

そんな皆様、

シューズクロークをご存知でしょうか?

 

簡単に言うとシューズのウォークインクローゼット

と言えばよろしいでしょうか。

このような感じです。

 

これは全て当社で建てた住宅の

シューズクロークです。

 

「いやいや、うちは家族少ないし

そんなに収納いらないよ!」と思う方も

いるかもしれません。

 

コチラの住宅満足度調査よると、

すでに注文住宅を建てた方・

中古物件をリノベーションした方の

「住んでみて気付いたこと」の一つに

とにかく収納」という答えがあるくらい

収納は後から後悔しないくらい確保

しておくのが得策かと思います。

 

 

【シューズクロークの良いところ】

 

・収納

まずはなんといっても収納です。

約1帖の広さがあるので、

ベビーカーはもちろん、自転車等の

大きな荷物も収納可能です。

 

また、高さを変える事ができる棚もあるので、

丈が大きめのブーツやヒール等も楽々収納可能です。

 

・匂いが気にならない

シューズクロークには扉が付いている事に加え

換気扇もついているので脱臭はばっちりです。

 

・見栄え

家に入った時にすっきりしていると

気持ちもすっきりしますよね。

 

 

新築に住むときは、玄関が広く感じ

時間が経つと物が増え

狭く感じてしまうことがありますが

シューズクロークがあれば

そんなことはありません。

玄関がいつもすっきりしていると

来客が来た時に焦って掃除する必要も

なくなります。

 

 

子供が増え、ものが溢れかえっていて

そろそろ引っ越しや家を建てようかなと

迷っている方はこの機に

是非土屋商事にお任せください。

もちろん散らかっていなくても

これからのことを考えたら

もう少し収納が欲しいなとか

お考えの方もご相談ください。

モデルハウスもご用意しています。

相談・プランニング・見積は無料です。

 

→HPはこちら←

お施主様が親方になりました!?

ガレージのある家 注文住宅 建築あれこれ

, , , ,


横須賀ガレージハウスS様邸は

急遽、お施主様のご希望で

ガレージ入り口の壁を

珪藻土の塗り壁にしました。

 

しかも!!!!

 

お施主様が

自ら塗りたいと希望されました。

 

今回はその様子と

塗り壁についてアップしていきます。

お施主様の後ろ姿

とても初めてには見えないコテ捌き。

当社、現場監督の向山と

部長の浅葉が見守る中で

見事に1面塗りきりました。

2人から【親方!】と

呼ばれて居ました(笑)

 

今回使用した塗り壁は

珪藻土と言う素材を使用した物です。

珪藻土と言うのは

今、自然素材として注目を集め人気の素材です。

 

土壁のひとつですが、

海や湖などに生息していた

植物プランクトンが

堆積して出来た

土層から採取されるものを言います。

 

近年はバスマットとしても注目をされていて

ホームセンター等でよく売られているのを

見た事ある人も多いのではないでしょうか?

 

珪藻土の表面にはスポンジの様に

小さな穴が無数に空き

調湿、保温、消臭効果、断熱性に優れる素材といわれております。

 

住宅の結露防止にもなると言われています。

当社施工の私の家も

玄関からリビングまで塗り壁を使用しておりますが、

 

こちらは

ケルザイムと言う

海藻の化石を使用した素材を

使っております。

部屋で焼肉等をしても

翌日匂いが残らない消臭効果があり、

梅雨のこの時期は調湿効果により

ジメジメせずに1年を通して快適に過ごせる壁です。

 

珪藻土は

住宅の壁(石膏ボード)や厚みにもよりますが、

クロスの上からも直接塗れますので

リフォーム等でも簡単に出来て人気です。

 

終盤に入ると

お施主様が壁に日付とお名前を掘っておられました。

良い記念になったとおっしゃって頂き、

感動されていたのが印象的です。

 

幅190センチ

高さ240センチ

の壁を塗るのに施工時間は約2時間ほどで、

本当に初めてとは思えない出来に

一同『親方』と呼ばざるを得ませんでした!(笑)

 

土屋商事(株)では常識にとらわれず、

お施主様の『叶えたい!』

その思いに少しでも

応えられるように

日々考えております。

 

夢のマイホーム

土屋商事と一緒に叶えましょう。

 

塗り壁や建材

その他注文住宅に関する

 

→お問合せはこちら←

→最新物件情報←

 

→instagram←

インスタ随時更新してます。フォローお願いします。

 


H様邸の基礎が完成しました。

注文住宅 建築あれこれ

, , , , , ,


先日梅雨入りしたと

思ったら、

晴れの日が続いていますね。

やはり雨より晴れの方が気分が

上がるので助かります~。

 

さて、本日は注文住宅の

様子です。

 

現在岩戸で施工中の

H様邸の基礎の様子です。

 

晴れていたので、

絶好のチャンス!

と思い写真を撮りに行きました。

 

すでに配管も終了しております!

 

ところで、

皆さん基礎について

どれだけ知っていますか?

 

「基礎」とは?

住宅において基礎はとても重要です。

なぜなら、

家の土台となる部分だからです。

この基礎を作ることは

住宅を建て始める「第一段階」となります。

 

家における基礎というのは

家の重さを地面へ伝える部分のことです。

住宅一棟分の重さを均等に分散することで

地面が沈んで傾いたり、

家が損傷しないようにする仕組みです。

 

日本で使われている基礎は

大きく2種類あります。

ベタ基礎布基礎です。

ベタ基礎と布基礎の比較

地面への負担

今回の注文住宅に使ったのは

「ベタ基礎」です。

どのような違いがあるかというと、

図のように、地面への力の伝わり方が

大きく異なります。

 

ベタ基礎は地面への負担を分散するのに対し、

布基礎は地面へ伝わる部分が限られているため

負担が集中します。

 

なので安定性の面ではベタ基礎が

良いと言えます。

 

湿気やシロアリ

 

布基礎は地面の隙間から湿気やシロアリが

入ってくる可能性があります。

 

一方、ベタ基礎は地面に隙間がないので

湿気やシロアリが入ってくることはありません。

 

コスト

次にコストです。

ベタ基礎は床部分すべてをコンクリートで

埋めているのでやはり、

布基礎に比べるとコストがかかります。

 

一般的な住宅であれば、

ベタ基礎を用いることが多いです。

 

基礎の種類は他にもたくさんありますが、

土地の状態を見て変えます。

 

基礎の必要性

今回は、

なぜ基礎を打つのか、

基礎の必要性について

着目していただければと思います。

 

家が傾いたり、損傷するのを防ぐ

湿気やシロアリ等の侵入を防ぐ

 

そもそも法律的に

基礎は打たなければいけません。

 

地震の多い国だからこそ

重要視されることかもしれませんね。

 

住宅の構造を知っておくことは

重要なことです。

また、住宅が出来上がるまでの工程を

見れるのは注文住宅ならではです。

 

土屋商事は横須賀で

注文住宅やガレージハウスを

建てています。

→お問い合わせはこちら←

→HPはコチラ←


壁の色で部屋の雰囲気が変わる?部屋の壁を確かめてみてください。

住宅展示場 建築あれこれ

, , , , ,


皆さんは自分の家の壁を

真剣に見たことがありますか?

 

普段から壁を気にして

生活している方はそんなに

いないのではないでしょうか。

 

実は壁の色が変わるだけで

部屋の雰囲気が激変するのを

ご存知でしょうか。

 

色の特徴・特性

まずは色が持っている特徴・特性

について簡単に触れてみます。

 

色には「補色」というのがあります。

簡単に説明すると相対する色と

言えばいいのでしょうか。

 

例えば、

青紫色黄色」    「赤色青緑色

これらは補色の関係です。

パッと見た時に色が

際立っているかと思います。

補色同士の色の組み合わせは

互いの色を引き立て合う相乗効果があり、

これを「補色調和」と言います。

 

実際に使われている色の効果

色の効果は私たちの日常でも

使われています。

 

例えば、手術室を思い浮かべると

↓↓こんなのをイメージしませんか?↓↓

青緑色の手術着と内装。

これにはちゃんと理由があります。

 

血液の赤色をずっと見て

視界から色を消去すると

視界上にはその補色の緑色

が残像として残ります。

これを補色残像と言います。

 

周りの環境を薄い緑色にすることで

その残像を消去することができ

手術に支障をきたさないように

してくれます。

 

日々目にするものでいうと、

牛乳パックです。

...

なぜか、青いイメージありますよね。

 

これは青を目にすると

クリーム色の補色残像が残り

濃厚なイメージを勝手に

頭が認識してしまうから

だそうです。

 

他にも日常で色の特徴・性質

を使っている

商品や施設はたくさんあります。

 

大学の教授などが論文を出すほど

今でも研究が続けられている分野です。

興味のある方は調べてみると

面白いと思います。

 

壁と部屋の雰囲気

色にはこのような特徴がある事が

わかりました。

では、壁の色は

どのような雰囲気の違いを

もたらすのでしょうか?

 

モデルハウスの壁

土屋商事店舗併設のモデルハウスの

壁を使って、植物の撮影をしました。

   

 

良い感じに植物を

撮れたなーと思ったのと同時に

床の色に注目しました。

 

3つの写真の床の色を見てください。

 

実はこの3つは同じ部屋

撮ったものです。

お客様が比較し易いように

4方向違う色の壁にした

部屋があり、

そこで撮影をしました。

 

多少光の加減があるにしても

ここまで雰囲気が変わります。

 

多くの住宅は白い壁を使います。

白い壁は空間を広く

してくれる効果があります。

白が多く使われているのは

一番無難であったり、

コストが安いなどの

数多くの理由があります。

 

皆さんも一度自分の家の壁

を見てなぜその色なのかを

考えてみてください。

 

そして、他の色だったら…

と想像してみては

いかがでしょうか?

 

見比べることの大切さ

家の壁色が本当にその色が

あっているのか、

家具が入ってみると全然

雰囲気が変わってしまった

というようなお客様が多いです。

 

土屋商事ではモデルハウスを

設けており、壁や家具、材質等を見て

部屋の雰囲気を実際に見比べることが

できます。

 

さらに、

住宅を建てるとなったら

モデルハウスを見て

家具や壁などを

その場で注文することができます。

モデルハウスは随時公開して

おりますので気になる方は

是非当社までお越し下さいませ。

 

→お問い合わせはコチラ←

→HPはコチラ←


注文住宅を建てるお客様の地鎮祭を行いました

注文住宅 建築あれこれ

, , , , , , , , , , , , , , ,


岩戸H様邸の地鎮祭を行いました。

 

 

本日は大安建築吉日!

お天気にも恵まれました。

新調した21home(土屋商事建築事業部)

お揃いのワークジャケットを着て

皆で準備をしました。

地鎮祭とは

以前このブログでも書きましたが

 

その土地に住む生命や神様に

建築工事の無事や

建てた方(お施主様)が

竣工後に安心して住めるように

祈祷するお祭りの事です。

写真のよう神主様が

土地の四隅をお祓いし

清め

そこへお米等の穀物を撒きます。

散米(さんまい)とも言います。

くわ入れの儀です。

この儀は

昔は家を建てる時に

現在のように重機が無かったので

手の付けられていない土地を

鍬などを使い人力でならしていた事から

建築まえに

この工程をしないと家を建てられない

そこで中央に盛砂をして

ならしていない(手の付けていない)

土地に見立て建築まえに

鍬を入れて

神様に建築の許しを

頂くと言う意味合いで行います。

お施主様は

アメリカ人のご主人と

日本人の奥様と

3人のかっこいい男の子のご家族です。

ご主人は日本の伝統的な儀式を

体験できてとても嬉しそうでした。

21homeを代表して建築事業部、部長

浅葉が鎌入れを行いました。

お施主様全員で玉串を捧げ

無事に地鎮祭を終えることが出来ました。

最後は神主様とお施主様で記念撮影!

ご主人様いい笑顔でした。

最近は地鎮祭を省略されるお客様も

いらっしゃいますが

きっといい記念になりますね。

今後はこの約70坪の大きな土地に

夢が沢山つまった

注文住宅が建築されます。

経過報告は随時

→建築ブログ←

→instagram←

→Facebook←

等で更新して行きますので

お楽しみにしていて下さい。

当社は

不動産・建築

両方の免許をもって営業しております。

最新の土地情報や物件情報は

→最新物件情報

↑のボタンをクリックして下さい。

注文住宅の夢

当社で叶えませんか?

 →土屋商事の詳細はコチラ←

→ガレージハウスも建てています←

 

 

 


お問い合わせ・資料請求


お問い合わせ・資料請求はこちら