リフォーム~ドアの建付け

ホーム > お知らせ・イベント情報・施工事例紹介 > 施工事例 > リフォームの施工事例 > リフォーム~ドアの建付け

リフォーム~ドアの建付け

リフォームの施工事例

, , ,


先日「居室入口のドアが閉まらない」

とのことで修理依頼があり、

現地を確認すると

木製室内ドアの下部が

ドア枠に当たっていました。

新築より年月を経ることにより発生しがちな

建付け不良の状態です。

最近の室内ドアは

合板と木材を組み合わせた製品が一般的で、

吊元の丁番も多少調整可能だったりしますが、

今回は白色塗装された

無垢の木材とガラスを組み合わせた

一昔前の製品で、

調整の出来ない平丁番で吊られていました。

ならば当たっている部分の木を削って

ドアが閉まるようにするしかありません。

平丁番のビスを外し、

ドアを寝かせて当たる部分の木を

ひたすらカンナで削ります。

途中、一度取付けして

当たり具合・削り具合を確認しつつ

ちょうどドアが枠に納まって

閉まるように調整しました。

平丁番の動きも渋くなっていたので

上下とも新品に交換、

最後に削った部分を白く塗装して完了。

幸い塗装したのは

ドアの小口(厚み)部分ですので

殆ど目立ちません。

このような建付け不良等、

住宅も年月が経ちますと

小さな不具合が発生することが多々あります。

住まいの中でこのような不具合でお困りのこと、

不便に感じること等がございましたら、

是非弊社までご相談下さい。

 

横須賀・三浦・横浜で

地震に強い家 ワンズキューボの

お見積・プランニングは無料です。
お気軽にお問合せ下さい。
お問合せはこちら

 

 

 

 


お問い合わせ・資料請求


お問い合わせ・資料請求はこちら