壁の色で部屋の雰囲気が変わる?部屋の壁を確かめてみてください。

ホーム > お知らせ・イベント情報・施工事例紹介 > その他日常 > 住宅展示場 > 壁の色で部屋の雰囲気が変わる?部屋の壁を確かめてみてください。

壁の色で部屋の雰囲気が変わる?部屋の壁を確かめてみてください。

住宅展示場 建築あれこれ

, , , , ,


皆さんは自分の家の壁を

真剣に見たことがありますか?

 

普段から壁を気にして

生活している方はそんなに

いないのではないでしょうか。

 

実は壁の色が変わるだけで

部屋の雰囲気が激変するのを

ご存知でしょうか。

 

色の特徴・特性

まずは色が持っている特徴・特性

について簡単に触れてみます。

 

色には「補色」というのがあります。

簡単に説明すると相対する色と

言えばいいのでしょうか。

 

例えば、

青紫色黄色」    「赤色青緑色

これらは補色の関係です。

パッと見た時に色が

際立っているかと思います。

補色同士の色の組み合わせは

互いの色を引き立て合う相乗効果があり、

これを「補色調和」と言います。

 

実際に使われている色の効果

色の効果は私たちの日常でも

使われています。

 

例えば、手術室を思い浮かべると

↓↓こんなのをイメージしませんか?↓↓

青緑色の手術着と内装。

これにはちゃんと理由があります。

 

血液の赤色をずっと見て

視界から色を消去すると

視界上にはその補色の緑色

が残像として残ります。

これを補色残像と言います。

 

周りの環境を薄い緑色にすることで

その残像を消去することができ

手術に支障をきたさないように

してくれます。

 

日々目にするものでいうと、

牛乳パックです。

...

なぜか、青いイメージありますよね。

 

これは青を目にすると

クリーム色の補色残像が残り

濃厚なイメージを勝手に

頭が認識してしまうから

だそうです。

 

他にも日常で色の特徴・性質

を使っている

商品や施設はたくさんあります。

 

大学の教授などが論文を出すほど

今でも研究が続けられている分野です。

興味のある方は調べてみると

面白いと思います。

 

壁と部屋の雰囲気

色にはこのような特徴がある事が

わかりました。

では、壁の色は

どのような雰囲気の違いを

もたらすのでしょうか?

 

モデルハウスの壁

土屋商事店舗併設のモデルハウスの

壁を使って、植物の撮影をしました。

   

 

良い感じに植物を

撮れたなーと思ったのと同時に

床の色に注目しました。

 

3つの写真の床の色を見てください。

 

実はこの3つは同じ部屋

撮ったものです。

お客様が比較し易いように

4方向違う色の壁にした

部屋があり、

そこで撮影をしました。

 

多少光の加減があるにしても

ここまで雰囲気が変わります。

 

多くの住宅は白い壁を使います。

白い壁は空間を広く

してくれる効果があります。

白が多く使われているのは

一番無難であったり、

コストが安いなどの

数多くの理由があります。

 

皆さんも一度自分の家の壁

を見てなぜその色なのかを

考えてみてください。

 

そして、他の色だったら…

と想像してみては

いかがでしょうか?

 

見比べることの大切さ

家の壁色が本当にその色が

あっているのか、

家具が入ってみると全然

雰囲気が変わってしまった

というようなお客様が多いです。

 

土屋商事ではモデルハウスを

設けており、壁や家具、材質等を見て

部屋の雰囲気を実際に見比べることが

できます。

 

さらに、

住宅を建てるとなったら

モデルハウスを見て

家具や壁などを

その場で注文することができます。

モデルハウスは随時公開して

おりますので気になる方は

是非当社までお越し下さいませ。

 

→お問い合わせはコチラ←

→HPはコチラ←


お問い合わせ・資料請求


お問い合わせ・資料請求はこちら