お問い合わせ・資料請求

建築あれこれ~大矢部A邸外構完成

ホーム > お知らせ・イベント情報・施工事例紹介 > 建売住宅 > 建築あれこれ~大矢部A邸外構完成

建築あれこれ~大矢部A邸外構完成

建売住宅 建築あれこれ 新築の施工事例


大矢部4丁目A邸の外構工事は植栽以外ほぼ出来上がっていましたが、庭の芝貼りとシンボルツリーの植込みが終わって完成となりました。

 

 

前にご紹介したとおりA邸はオープン外構という事で玄関への入口には門扉を設けず、モルタル仕上のステップと機能門柱、そしてシンボルツリーを植えるガビオンという植栽枡を設置し、アプローチはタイル仕上となっています。この「ガビオン」は和訳すると「蛇籠/蛇篭(じゃかご)」のことで、竹材や鉄線で編んだカゴに砕石を詰め込んだものです。 以前より河川の護岸や斜面の補強などに使用されてきました。エクステリアのマテリアルとしてのガビオンは防錆処理されたスチール・メッシュの鋼製カゴ内に石を詰めたもので、メタルと石の素材感が新鮮なアイテムです。今回は円形の植栽枡を用いてシンプルかつ重厚なイメージでシンボルツリーの株立ち常緑樹「シマトネリコ」を引き立てています。

スチールフレームとワイヤーのフェンスで前面道路と仕切られた南向きの広い庭には一面に高麗芝を貼り、視覚的にも緑鮮やかでプレイスペースとしても有効利用出来ます。

 

LDKから続くウッドデッキ等を後付けすることも可能ですので、アウトドアリビングスペースとしての利用も考えられます。勝手口側には横幅にも余裕のある縦列2台分の広い駐車場がありますので利便性にも優れています。つい先日、ウッドワンの業者様向け完成現場見学会が当現場で行われ、見学者様からも好評を頂きました。弊社のモデルハウス的な位置付けの現場ではありましたが、現在別途展示場を建築中ですので、A邸はこの外構完成を機に本格的に販売をして参ります。どうぞお気軽にお問合せ・ご相談下さい。

 

↓↓↓詳細は下記詳細ボタンをクリック↓↓↓

大矢部A邸詳細


お問い合わせ・資料請求


お問い合わせ・資料請求はこちら